ラメラ構造−保湿スキンケア情報局
ラメラ構造


 ラメラ構造とは、人の皮膚角質間の保湿構造で、水分子と脂質分子が交互に層状を作り、どんなに乾燥した環境でも、ある量の水を分子の状態の結合水として脂質の間に保持しています。

 この水分が乾燥によりさらに奪われていくと細胞はしだいにしぼみ、ケラチン繊維が凝集した状態になり、角質の弾力が失われ古い角質が残り、厚くガサガサした肌に細かい亀裂ができたりします。

・・・・・・・・・・・・・・・

スキンケアHOME

Copyright(C)2007〜〜
保湿スキンケア情報局
All Rights Reserved.