間違った保湿法−保湿スキンケア情報局
間違った保湿法


 空気が乾燥しやすい秋冬は肌からも水分がたくさん奪われていきます。

 そこで、保湿法を試みたとき「水分維持の為にはクリームなどの油分で上塗りすれば良い」と思っている女性が多くいます。

 昔から皮脂が肌の乾燥を防ぐと信じられてきた為に、このような保湿法が行われているようです。

 近年の科学的分析により、皮脂は水分保持能力が低いため保湿効果が期待できないことが分かってきており、そのような間違った保湿法を続けていてはかえって肌を傷めてしまいます。

 クリームなどの油分の役割は、化粧水で水分をたっぷり補給した後に水分が逃げないようフタをすることです。

・・・・・・・・・・・・・・・

スキンケアHOME

Copyright(C)2007〜〜
保湿スキンケア情報局
All Rights Reserved.