間違ったクレンジング−保湿スキンケア情報局
間違ったクレンジング


 今主流のオイルクレンジングは、メイクの落ちが良いので愛用している人が多くいますが、オイルの名のとおり油分が主成分となっています。

 洗い流しが足りないと油分が肌表面に残って油膜を張った状態になります。

 その状態では、いくら化粧水で水分を与えようとしても、油膜によって弾かれ肌の内部まで届きません。

 また、オイルクレンジングは、水で洗い流す為に肌に悪い界面活性剤を多く含んでおり、肌への刺激が強くオススメできません。

 これらの原因により、オイリーなのにカサカサする肌である「隠れ乾燥肌」を招いてしまうのです。

 クレンジングは、ジェルタイプやクリーム、乳液タイプのものを使用したほうが無難と言えます。

・・・・・・・・・・・・・・・



スキンケアHOME

Copyright(C)2007〜〜
保湿スキンケア情報局
All Rights Reserved.